Rapha Gentlemen's Race OGUNIのコースをトレースする男

小国に行こうと思った。
ショウコクではない。
オグニである。
熊本にある。
わたしは福岡に18歳まで居た。
親近感はあるが。
知らない。
未踏の地であり。
未知の道。
まだ旅の途中。
そこにリスペクトがある。
e0154650_21382514.jpg
e0154650_2138277.jpg
なぜ。
小国を知ったかと言うと。
そこでRaphaのGentlemen's Raceが開催されたことに他ならない。
既に知り合いになっていたe_climber氏がコースをプロデュース。
そんな氏からRaceへの招待を打診されていた盆栽人会であったが。
諸般の事情を勘案して遠慮させていただいた。
けれども、氏がデザインしたコースを走らない盆栽屋は無し。
必ず走るということを約束して数ヶ月。
こうして実現することになった。
そこにリスペクトがある。
e0154650_21382936.jpg
e0154650_21383191.jpg
旅は道連れ。
世は情け。
盆栽人は夏の休暇で4人が集まり。
声をかけた関西のカスタマー集団は6人。
さらには福岡のMOZU COFFEEチームが4人に小国のカフェ〝茶のこ〟のマスターと大牟田のライダーも迎えて大所帯のライドになった。
リスペクトがある。
e0154650_2138336.jpg
e0154650_21383532.jpg
走ればわかる。
サイクリストは輪上で話そう。
会話が無くとも。
列に並び。
変速を加え。
道路に轍を刻む。
自然の風に耳を澄ませ。
景色には青々とした世界がひろがり。
それは、もう、ここでしか出会いないものだと知る事になる。
阿蘇。
カルデラの台地。
しかし、盆栽列車は停まることを知らない。
e0154650_21383741.jpg
2日目の序盤でしたたかに転ぶ盆栽屋。
流血惨事に一瞬だけ我を失ったが。
なに。
はじめて転んだわけじゃないさ。
自転車は不安定な乗り物。
それを安定させるには自分が乗ってこぐしかないのだから。
人車一体。
そこにリスペクトを見つけよ。
e0154650_2138398.jpg
e0154650_21384117.jpg
過去最高に美しいと謳われた小国のコース。
わたしも同じ思いだが。
小国のとても静寂な空気が印象的だった。
静かな世界。
それは雨がちの天候のせいだったのかもしれないけれど。
地球上のどこでも味わえるものではないだろう。
さらに言えば。
それは自転車に乗る事によって完成される。
サイレントな世界だ。
聞こえるのは鳥の鳴き声、セミの声。
風の音に揺れる葉の音。
仲間や自分の呼吸する音にフリーなんかの機械音。
それだけ。
会話は要らない。
肩で息して車輪を衝き合わせればわかる。
静寂のライド。
ここまで旅した。
これからも旅を続ける。
自転車に乗るということは即ち冒険であると言う。
小国には冒険があった。
自分の狭量な世界を少しだけ拡げてくれる大きな世界。
確かにあった。
そこにリスペクトがある。
e0154650_21384494.jpg
Photo by
e_climber
italiajin
sonny_imai
yuyamanoha

ライドの様子はコチラもどうぞ
Day 1 ☞ http://atsushitanno.blogspot.jp/2014/08/rgr-oguni-trace-ride-w-bonsaicycleworks.html

Day 2 ☞ http://atsushitanno.blogspot.jp/2014/08/rgr-oguni-trace-ride-w-bonsaicycleworks_21.html#more




8月9日(土)はナツキライド開催のためカフェをお休みさせていただきます
自転車営業は12時から19時閉店とさせていただきます








こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
12:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
[PR]
by bonsai-astn | 2014-08-07 12:00 | TEAM BONSAI活動記録
<< 逸品御紹介 雨の小国コースで活... 夏休みを頂戴してます >>