チュウブラータイヤのパンクどうしよう

自転車に乗っていて。
避けることができないのがタイヤのパンク。
万全の準備とテクニックを駆使しても運まかせの要素が高く。
誰でもパンクするときはパンクしますし。
運良く、いままでパンクしたことないなんていう方もいらっしゃることでしょう。
e0154650_20414487.jpg
クリンチャータイヤの場合はチューブ交換をして空気圧さえじゅうぶんに上げることができれば、元の状態に戻す事ができます。
けれども、チューブラータイヤの場合は基本的には貼り直し。
スペアで用意した修理用のタイヤを仮接着で装着して帰らなければいけません。
仮接着ですから不安です。
そろそろと低速で走って帰らなければいけません。
チューブラータイヤの扱いに慣れている方であればなんてことないのかもしれませんが。
たまに使うとなると大事件に。
そういうわけで、とりあえずタイヤを貼り換えなくとも修理を試みることができるグッズが世の中には存在しています。
e0154650_20372695.jpg
まずはTUFOのシーラント。
2種類あるシーラントのなかでコチラのエクストリームはパンクした場合に注入するタイプ。
パンクして、もしも穴が小さければこのシーラントで塞ぐ事が可能です。
タイヤを貼り換えとなると時間もかかってしまうので、ひとまずシーラントを入れて空気を入れて様子を見てみる価値はあると思います。
じゅうぶんに携帯できるサイズですしね。
e0154650_20374618.jpg
さらに、シーラントとボンベが一体になっているスピード修理が可能なのがコチラ。
HUTCHINSONのFAST'Air。
コチラもタイヤに開いた穴が小さければタイヤの修理が可能になります。
タイヤを貼り換えないで済ませることができるので、これまた便利なアイテムと言えます。
穴のサイズが大きいとシーラントがブクブクに漏れて溢れてしまうので使う事ができません。
その場合はタイヤを貼り換えての修理になります。
e0154650_20373082.jpg
テープ派の方はタイヤを貼り換える際はこのテープを使えばとりあえず安心。
とはいえ仮接着なので本格的な接着力は期待できません。
テープを貼り換える作業ともなると、リムにびっしりテープが残ってしまった場合は大変な作業時間になってしまいますが。
人を待たせていなければやってみてもいいかも。
そんな感じです。
携帯される場合はさらに小さく巻き直して、小さなハサミをサドルバッグに入れておくと良いでしょう。
e0154650_20412755.jpg
空気入れならボンベ?
一気にラクに入れることができますが。
タイヤを貼り換えた仮接着状態のチューブラーの場合は空気の入れ過ぎでタイヤが横を向いてしまうかも。
徐々に空気を入れることができるハンドポンプのほうが良い場合もあったりします。
そして、スペア用のチューブラータイヤはアランデルのサドルバッグのTUBIに決まり。
じゅうぶんな大きさで見た目はシンプル。
タイヤを入れた隙間には上記のいろいろを入れる事が出来ます。
e0154650_203754100.jpg
ほとんどの方が常用のタイヤはクリンチャータイヤであると思いますが。
チューブラーばっかりという方も確実に居るはず。
チュブラータイヤの接着方法にセメントとテープが存在するように。
修理の方法もひとつだけではありません。
自分なりのやり方というのが存在するのも事実。
いろいろやって試す事ができると良いですね。









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
12:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
[PR]
by bonsai-astn | 2014-05-19 12:00 | 逸品御紹介
<< BONSAI x ENVE カ... 作戦のある男 >>