BONSAI x ENVE カスタマーT氏の場合

ターコイズショック到来。
それは春一番よりも早くやってきた。
季節柄の竜巻現象か。
けれども、この竜巻を予見した者にしかこのターコイズ。
手にする事はできず。
限定品という枕もとても懐かしい印象で残った。
そこにリスペクトがある。
e0154650_1316713.jpg
e0154650_1316555.jpg
そういうわけで、やってきましたターコイズショック。
この竜巻を予見できた数名のカスタマーのみなさまからご予約をいただきまして順次入荷をしています。
完全受注生産と言われましたので、これは乗り遅れる方もいらっしゃるだろうと数ペアーを在庫にと用意させていただいていました。
これは一生在庫になってしまうかもな。
そういうある種の賭けとも思っていたのですが。
それも仲良しカスタマーを中心に完売御礼ということで。
これはとてもありがたいことなのですが。
飾っている間もなく完売ということでちょっと寂しい気持ちもないわけであります。
もっと注文しておけばよかったターコイズとは後の祭りでございます。
ターコイズ売り切れ御免に付。
e0154650_13161247.jpg
そんななかで、BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーT氏は抜群の才能を見せてくださいました。
ターコイズのご予約は一番乗りではなかったのではないでしょうか。
そんなT氏のENVEは2ペア目のBONSAI x ENVE。
ENVEは、Classic 1,25のクリンチャー。
ChrisKingのTurquoiseのハブはセラミックベアリング搭載。
デカールのカスタムはMTBロゴを選択。
スポークはのカラーはブラック。
スペヒャル仕様のターコイズデカールが光ります。
e0154650_13161755.jpg
e0154650_13162030.jpg
前回はフレームとの相性が抜群のSMART SYSTEM 6,7でしたので。
今回は軽量な1,25をチョイスしていただきました。
2ペアーを付け替えて使用していただければ、とっても贅沢なオールラウンダーに。
そこにリスペクトがあります。
e0154650_13162490.jpg
前回の6,7はフレームのカラーリングにマッチさせたまったく同じ色味のステッカーチューン。
今回はそれとは違って、フレームには無いカラーリングでしたが。
どうでしょう。
モノトーンとの相性が良いターコイズ。
足回りが華やぐ印象になって、ホィールの重量以上に軽快感が高まる印象になっていると思います。
e0154650_13162772.jpg
e0154650_13163086.jpg
e0154650_13163471.jpg
それにしても。
明るい色のハブは目立ちますね。
当店の場合は明るい色のハブのカラーリングが人気です。
持ってて嬉しい明るい挿し色を自転車に加えてみてはいかがでしょうか。
ターコイズ以外であれば、とりあえず入手可能です。









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
12:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
[PR]
by bonsai-astn | 2014-04-03 12:00 | BONSAI x ENVE
<< 定番のMADison Jers... もしも…Independent... >>