発見!SRAM人 1

3大コンポーネントのひとつ〝SRAM〟。
しかし、実際のところは3大ではなく、2大1小。
もしくは、1大1中1小の書き間違いではないのか。
日本の自転車界ではとくに小さな存在であるSRAM。
あなたのまわりに使っているヒト居ますか、SRAMを。
探してくださいSRAM人。
e0154650_1916530.jpg
このコーナーではSRAMを選択すると言う。
今どき敢えてな選択をされた、ドラゴンボールで言えばサイヤ人並みのこの希少人種のサイクリストをつかまえて。
なぜ?今?SRAMなのかを語り尽くします。
1回目のゲストは盆栽チームメンバーのK氏。
日曜日の盆栽ラン帰りに確保してハナシを伺うことに大成功しました。
e0154650_1920328.jpg
ところでさ、ユーはなんでSRAMなの〜?

REDが発表されて直ぐに買いました。
誰も使ってないし。
軽いし。
カッコいいし。
とにかく使ってみたかったんです。

なにがいいのさ〜?

ダブルタップ、コレいいですよね。
1本のレバーで変速が完了できてしまう。
これはラクですよ。

そんなSRAM好きのK氏なのに、ブレーキやらチェーンやらスプロケットはシマノなのはなんでぇ〜?


ブレーキは以前はゼログラビティを使っていて、シングルピボットのブレーキアーチに不信があったので。
それに、ブレーキは軽いものじゃないほうがいいと思いまして。
スプロケはムカシは使ってましたけど、初代だけで3、4個は買ってるんですけど、すぐ減っちゃうのでコスト的に微妙かと思いまして。

そういえば、K氏の自転車遍歴はSRAMの歴史とともにあるよね〜

そうですね。
初代のREDから使い続けて、今はRED22を使っていますからね。

SRAMの今後に何か期待することあるぅ〜?

今のままでいいですね。
今のスタイリングとか、存在感を大事にしてほしいです。

e0154650_19203276.jpg
初代のREDからSRAMに改宗をしたK氏。
部分的にシマノを組み込んだコンポーネントのセレクトはカレのSRAMとの長い付き合いがそうさせたものでした。
そういえば、6年使ったリアメカが壊れてしまって走行中にトラブルになったこともありましたね。
シマノとカンパニョーロではこの部分はこの部分が修理できるわけですが。
SRAMの場合は全交換の買い替え。
そんな事件が起きてもまったく動じることは無かったK氏。
紳士の集まる盆栽人会にあって、そのなかでもズバ抜けた心のおおらかさを持つK氏。
SRAMという機材におおむね不満はないご様子。
自転車に向ける優しい眼差しは真っすぐ以外ありえません。
e0154650_1916812.jpg
■K氏のSRAM環境

LOOK 695

レバー:SRAM RED 22
Fメカ:SRAM RED
Rメカ:SRAM RED
クランク:695
ブレーキ:シマノ デュラエース
スプロケット:シマノ デュラエース
チェーン:シマノ デュラエース

ハンドル:EASTON
ステム:695
バーテープ:Cinelli
シートピラー:695
サドル:Selle ITALIA SLR

ホイール:BONSAI x ENVE 3,7クリンチャー
タイヤ:Continental
e0154650_19161013.jpg









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
12:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
[PR]
by bonsai-astn | 2014-03-11 12:00 | POWERED BY SRAM
<< 盆栽新着情報 3・14 盆栽新着情報 3・10 >>