2013~2014シーズンを締める男

今季のシクロクロスシーズンもおしまい。
今シーズンをまとめてみることにしたよ。
過去3シーズンを走ったなかでも順調だった今シーズン。
自転車の完成を待っていたら年明けからの参戦になったわけだけど。
2か月で5戦も出場することができてしまった。
来シーズンは秋から出場したいと思っているわけなんだけど。
このへんはオキナワとの調整もあるから難しい。
まぁ、今シーズンは出られるだけいろいろなコースや環境で走ってみたことで。
来期に走るべきレースとそうでないレースの選択が明確になったし。
そういうわけで来期に繋げられたと思う。
e0154650_1822411.jpg
リザルトはコレ。

1/12 湘南ベルマーレクロス 第ニ戦 C3 16位
1/26 湘南ベルマーレクロス 第三戦 C3 1位 ☜ C2に昇格
2/2 信州クロス 第十戦 南アルプス C2 DNF
2/8 シクロクロス東京 C2 43位
2/23 茨城シクロクロス 第ニ戦 5位 15%

レースによっての成績の波が大きいのはコースへの得意不得意によるもの。
より完全なサイクリストに成長するためには、不得意コースの克服が望まれるわけだけど。
得意分野を伸ばすという考え方もある。
これからも試行錯誤だね。
e0154650_18233110.jpg
湘南クロスでの優勝は盆栽自転車店開店以来の初優勝になった。
シクロクロスのレースは昇格といっても、上にあがれるのは1位と2位くらいで、けっこう厳しい。
そういうなかで、勝って昇格できたのはよかったと思う。
一昨年に昇格したときはオッチーさんに負けて2位での昇格だったからね。
e0154650_18232753.jpg
大自然の中を走るシクロクロス。
お台場の雪はイレギュラーだったけれど。
砂浜に泥や芝生に砂利道。
コースはレースごとに違うし、主催者が違えばレースの並び順や進行までが変わってくる。
そんな環境に毎度のように対応していくことがシクロクロスには求められると思うよ。
e0154650_18232264.jpg
シクロクロスは自転車も重要。
3シーズンでぼくがたどり着いた答えはチューブラーと専用のフレームということ。
Independent Fabricationにオーダーしたディスククロスは操作性の良さという点で間違いない選択だった。
SRAMのコンポーネントも操作がカンタンで気に入っている。
油圧のディスクブレーキはリコールになって返っていっちゃったけれど。
ディスクブレーキはワイヤー引きでも調子良い。
もう1台を追加するのであれば、フロントシングルギアもおもしろいと思ってる。
パンクもするからスペアホィールも欲しい。
カーボンホィールはもちろん良いと思ってるけど。
これはC1に昇格するまでお預けさ。
e0154650_1823955.jpg
e0154650_18231754.jpg
過去2シーズンは所属メンバーが盆栽屋のみという完全なプライベートチームだったわけなんだけど。
今年からはチームメートにキモトが加わった。
キモトはC4で優勝をしてくれたし。
これからのロードシーズンでも勢いに乗ってくれることだろう。
カレがニューリーダーの雄叫びをあげるか、Mr.ホーに終わるのかは今シーズンの走りにかかっているよ。
さらに、来期からはロードチームのダブルエースの一角であるヤマノハも加入決定。
果たしてシクロクロスでもエースの地位を守れるのか?
遠征旅行が楽しくなりそうだ。
e0154650_18233345.jpg
そんな遠征旅行に必要なのがミーのカー。
レンタカーのみの遠征は限界を感じるのがシクロクロス遠征。
雪が降ってしまえば近場のお台場にすらたどり着けないんだからまいっちゃうよね。
冬装備が可能なミーのカーを鋭意検討中だよ。
e0154650_18233658.jpg
さて、そんなかんじで3年経ったからシクロクロスのネイビーのチームキットともお別れ。
来期は一新したチームキットでレースに臨むつもり。
そうそう、チームに興味があったら、いつでも募集中だから店頭で聞いてみてよ。
ただ、レース会場で顔を合わせるだけで、とくに話もしないし、店にも顔出さないなんていうのはチームメートとは呼べないから、そういう理解でよろしくね。









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
12:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
[PR]
by bonsai-astn | 2014-03-04 12:00 | TEAM BONSAI 活動記録
<< 3月の盆栽イベント情報 盆栽新着情報 3・3 >>