BONSAI x ENVE 盆栽屋の場合

BONSAI x ENVEを組みました。

今回はまたしても自分用に。
売れ残りと言うには可哀想だけれど。
ENVEリムが激レアで入手困難な時分にもずっとあったリム。
画像の右上。
作業場の隅でずっと常にぶら下がっていたこのリムで組みました。
e0154650_1862527.jpg
e0154650_1862514.jpg
e0154650_1862533.jpg
リムは65mmのクリンチャー。
SMART SYSTEMのように横風対策が為されていないClassicの65mmですが。
後輪だけなら気にならないでしょう。
空力が高く巡航性能があり速度維持がラクなディープリムを平坦コースや長距離のツーリングで投入して、メリットを最大限に活かすことを狙ってみました。
e0154650_186348.jpg
e0154650_1863632.jpg
デカールは蛍光オレンジにグレーの枠。
ハブはCampagnoloのニュートロンウルトラから抽出したハブを使って2:1の数で組んでいます。
つまり18本しかスポークが無いわけです。
カスタマーの方にはあまりオススメしませんが、わたしが走っているぶんにはとりあえずトラブルがありませんし、じゅうぶんに剛性もあるのでヨシとしています。
e0154650_1863972.jpg
このホィールはシャーク専用品。
オレンジのカラーリングはミリタリーのカラーリングでもあるわけです。
フロントが25mm、リアは65mmでかなりの差があります。
ミスマッチです。
しかし、自転車のような2輪車はタイヤもそうですが、車輪も前輪と後輪の働きが違うので前後が違うホィールで当然であるという考え方があるのも確かです。
SMART SYSTEMも前後のリムの高さはもちろん、リムの幅まで専用に考えられていますからね。
e0154650_1864141.jpg
実はオキナワ用にと考えていたこの車輪でしたが。
投入は見送りました。
ツール・ド・オキナワ21okmは大きく見れば平坦レースとも言えるのですが、細かいアップダウンが続くので、このホィールではなく軽快な25mmの前後にしたのです。
とはいえ、抜群の縦剛性で上りもイケるこの車輪。
適時投入をしようと思います。
BONSAI x ENVEは前後片方からでもオーダー可能ですのでご相談ください。
e0154650_1864487.jpg











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-12-03 12:00 | BONSAI x ENVE
<< 盆栽新着情報 12・5 BONSAI x ENVE オ... >>