ツール・ド・オキナワを走る男

オキナワいってきたよ。
ツール・ド・オキナワ。
走ってきた。
今年も過酷なレースだった。




行きのヒコーキを降りる際に、同じ便に偶然出くわしたベテランのレーサーの方に挨拶したら、「オキナワ出るの久々なんじゃないの〜」なんて言われたんだけど。
去年も一昨年も出ているんだ。
けれども、これがプロトン感。
同じ集団のなかにあっても存在感が無ければ出ていないのと同じってわけだ。
一昨年はすぐにパンク、去年はズブズブに遅れて164位。
こういう成績だったから存在感が無いのも仕方ない。
e0154650_16583321.jpg
去年の164位という成績はともかくね。
2回目のダムの上りで先頭集団からちぎれて、そこからフラフラのまま走るというのはショックだった。
ここまでチカラが弱ったもんかと。
練習しない自分を棚に上げて思ったもんだ。
それで、今年はどうだったかって。
1回目から遅れたよ。
なんてこった。
途中で何度も走るのをやめたくなったけれど。
我慢して走って、途中でハンガーノックになったりもしたけど、最後には脚が戻って別人じゃないかってくらいに踏めてた。
長丁場はなんだかよくわからないね。
でも、これもひとつの経験になった。
e0154650_16583215.jpg
後半調子が良くなった今年。
後半にまったく踏めなかった去年とは打って変わって走ったあとの印象も悪くない。
順位も、164位から88位にまで半数近く上がっている。
けれどね。
リザルト表をよく見ると、トップとのタイム差は30分ちょっとであまり変わらない。
ロードレースは環境に常に左右される。
相手が居ての順位だからね。
結果を順位から見るのか、タイム差から考えるのか、どういう切り口で考えるのか。
ともかく。
ここで忘れてはならないのは。
勝負にまったくからめていないことは明らかだということなんだ。
e0154650_16583226.png
チームのみんなはどうだったか。
納得いく成果を出せたのはサイの角のようにただ独りだったみたいだけど。
まあ、落ち込まずに自転車に乗って。
練習に打ち込もうじゃない。
来年もオキナワはあるわけだし。
そして、初出場、初完走のキモトおめでとう。

盆栽屋ヨシダ 88位 
キモト 111位 
ヨシムラ DNF
アマノ DNF
ヤマノハ DNF

e0154650_1720515.jpg
機材備忘録

■フレーム TIME ZXRS SHARK BONSAI
■コンポ Campagnolo EPS
■ホィール BONSAI x ENVE 1,25WO
■タイヤ Continental Force 24C x Continental Granprix4000S 25C

■ヘルメット GIRO AEON
■キャップ BONSAI Whatever Turquoise Cap
■サングラス Oakley Radar XL レンズ Slate Iridium
■アンダー Campagnolo メッシュ
■ジャージ チームジャージ
■レーパン Rapha ProTeam BibShorts
■ソックス ENVE
■シューズ GIRO Empire
e0154650_16583164.jpg


17日(日曜日)は野辺山シクロクロスのため臨時休業とさせていただきます
コーヒーにマフィンはもちろんのこと、今年は盆栽自転車店のオリジナルグッズも販売させていただきます
それでは、野辺山でお会いしましょう








こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-11-12 12:00 | TEAM BONSAI 活動記録
<< BONSAI〝Whatever... BONSAI x ENVE カ... >>