ライトが気になる季節ですね、そうですね

あの夏が終わって数日。
今年は残暑もたいしたことなく。
すっかり涼しくて乗りやすい季節が到来してくれました。
といっても、秋ですから。
1日の日照時間は短くなり。
外で元気に遊んでいると帰り際には暗くなってしまうこともしばしば。
とくにロングライドで陥りやすいこのショック。
そんなときのためにライトを携帯してライドに出かけましょう。
e0154650_1820653.jpg
盆栽自転車店には携帯しやすく、取り付け簡単のライトを厳選して取り揃えています。
LEZYNEもそのひとつ。
スタイリッシュで見た目もスッキリ。
しかも明るさにこだわったLEZYNEは街乗りから街灯のない闇ライドまで使える高性能がウリです。
e0154650_182039.jpg
IPFのライトはまるでライトセーバーのように細く赤く光ります。
その光りの帯はチカチカしないので、クルマのドライバーにもやさしいヒカリ。
ライトセーバーは闘うための武器ですが。
このライトは平和なライドの道具なのです。
e0154650_18201088.jpg
e0154650_18303478.jpg
ロングとショートからお選び頂けます。
電池式。
盆栽自転車店では電池を付けて販売してます(通常電池ナシ)ので買ってスグにお使い頂けます。
e0154650_18201371.jpg
サドルメーカーのFizikにはFizikのサドルにピッタリなライトが存在します。
コレは軽量でスマートでカッコ良くて良いものなのですが。
いかんせん、スマートすぎて明るさが物足りないのと。
さわるだけで起動するので誤作動も多かった。
e0154650_18202197.jpg
そして、Fizikがライト製作に一日の長があるCATEYEに製作依頼して出来たメーターがコチラ。
CATEYE製品とは思えないFizikのセンスの良いパッケージに包まれて登場です。
e0154650_18202990.jpg
そのライトは八ヶ岳バイシクルスタジオの矢野氏もお使いのライト。
確か新車を組まれた時点から付いているのを目撃して気になってました。
そこにリスペクトがある。
CATEYEだけどFizikのサドルにピッタリの設計になっているので後付け感が無く。
しかも、灯せばしっかり明るい。
後部のライトでこの明るさだったら充分というくらい安心できると思います。
そして長押しのスイッチなので誤作動も少ないです。
e0154650_18201869.jpg
これは良さそうだ。
というわけで、さっそく仕入れました。
すると代理店欠品に付。
迫る気持ちとは逆に待たされてしまいましたが入荷したライト。
e0154650_18203291.jpg
説明書も親切すぎるくらいです。
これでしたら間違えることはないでしょう。
単4電池を1個使用。
とりあえずライトを買えば電池が付いてきます。
2つのブラケットは取り付けるサドルで使い分けてください。
e0154650_18203793.jpg
e0154650_18204080.jpg
盆栽屋使用のアリアンテに付けてみました。
サドルバッグも付けたままで、ライトの点灯ができます。
スッキリ、安全に。
昼間でもトンネル内で点灯させれば安心感が違いますね。
e0154650_18204373.jpg











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-09-24 12:00 | 逸品御紹介
<< 盆栽新着情報 9・26 TIME ZXRS を納品させ... >>