ペースメークをする男

曇り空。
今日はイエローレンズが調子良い。
そこにリスペクトがある。
東方のコースから北方へ。
渡り鳥は行き先を変えた。
目指す盆栽人は3人と体験参加中のA氏。
焦点定まらぬ乱視状態のトレインは常にバラけながらヤマのふもとに向かう。
そしたら、信号のタイミングで2−3の人数に別れてしまいます。
先行したのは、盆栽屋とヤマノハ氏。
タイミングとしては少し早かったものの。
これは好機と見て。
ヤマノハ氏に行くぞと声をかけて、行けるところまで先行することに。
e0154650_1771583.jpg
せっかくなので「逃げる」というときはどのような走りをするのかを、ヤマノハ氏に伝授することにしました。
平坦ではこのペース。
下りではこうして。
上りではああして。
手取り足取りの個人レッスン開始です。
ヤマノハ氏の能力を可能なかぎり引き出す事に注力。
空気抵抗にあまり左右されない上り坂では頑張り過ぎは禁物。
勾配の変化が多いこの上りでは良いペースで登る事でラクに走れ、その後の平坦路でもしっかりと走ることができます。
e0154650_1772697.jpg
しばらく2人で走った後。
後ろがあまりに追いついてくる気配がないので、ヤマノハ氏にはそのまま先行してもらい、わたしだけが残って待ってみる事に。
そうしたら、5分経ってもやってきません。
離れた自販機にジュースを買いに行ったり、トイレに寄ったりしてもまだ来ません。
もしかしたら、道を間違えたのかな?
なんて心配になっていたら、やっと来ましたキモト氏。
この時点で15分過ぎ。
すぐあとに体験のA氏で17分差。
そして、待つ事22分で最後のヨコイ氏が通過。
上り、下り、平坦を含む約50kmでこんなに差ができてしまいました。
これはおもしろいデータです。
e0154650_1771557.jpg
今日はわたしのペースメイキングにより、80%のチカラを出す事が出来てがんばってくれたヤマノハ氏。
そういうペースメイクが無かった後方はいつもの走りで一番速くても15分差という圧倒的な差が生まれました。
今日はがんばったヤマノハ氏もいつもの走りだと、きっと後方に埋もれていたことでしょう。
ペースって本当に大事だと思います。
e0154650_1772811.jpg
今日の練習でチーム員のみなさんの走りの核心に触れることができた気がしています。
なぜ、何気ない平坦でちぎれるのか?
独走するとすぐにタレるのはなぜか?
そんな今までの疑問にヒントを出してくれました。
これから練習内容を変えて行く必要がありそうです。









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-03-24 08:30 | TEAM BONSAI活動記録
<< 盆栽新着情報 3・24 盆栽新着情報 3・23 >>