デザイン・塗装・組み替えのご依頼を承りました

ある日。
BONSAI x ENVEを納品させていただいたこともあるハードコアトライアスリートのN氏から新車フレームの塗装、デザイン、組み替えのご相談を承りました。
N氏の次なるフレームはTREKのDOMANE。
カンチェッラーラが主に使用しているロードフレーム。
シートチューブとトップチューブがくっついていないという独特な機構を持つフレームなんです。
e0154650_19363491.jpg
もちろん、TREKの取り扱いは無い盆栽屋。
フレームを持ち込んでいただいて組ませていただきましょうか、となるわけですが。
N氏の新車はそれだけでは終わりません。
ロードレースにも造詣の深いN氏。
塗装をCOLNAGOのアルカンシェル調にしたいというスペヒャルオーダーが加わったのです。
e0154650_19363387.jpg
そこで、フレームのデザインのご依頼というわけです。
塗装屋さんに依頼するべくデザインを色鉛筆で仕上げた盆栽屋。
COLNAGOのような艶かしいブランドと、TREKのような直線的なブランドという異色の取り合わせでしたので、そのへんの調和がつり合うようにデザインさせていただきました。
e0154650_19363475.jpg
塗装屋さんにフレームを預けて数ヶ月。
納期の遅延もあって、結局3か月を要してしまいました。
一部、塗装の指示と違っていた部分もあったものの、それはN氏にもご確認いただいて結果オーライということで、やっと組み付け作業に入ります。
e0154650_19373556.jpg
普段から組み慣れない(TREKのバイクは初めての組み付けでした)フレームでしたので組み付けはスローペース。
ハードコアトライアスリートの方がお乗りになられる自転車ですのでDHバーのロング仕様。
さらにシフトスイッチ付きです。
e0154650_19373575.jpg
納期の遅れはありましたが、さすがは信頼のあった塗装屋さん。
非常に美しく、細かい仕上げになっていました。
ハンドル部分は、コクピットという表現が似合います。
e0154650_19373463.jpg
e0154650_1937362.jpg
ハンドル部分もホワイト&アルカンシェルにカッティングシートでカスタム。
もちろん、BONSAI x ENVEもデカールをアルカンシェルにチェンジ。
片面に3枚のデカールがあるENVEのホィールですが、アルカンシェルは一カ所にして、すっきりとしたシンプルさを強調してみました。
デカールチェンジはBONSAI x ENVEのホィールのみ承っております。
e0154650_19373696.jpg
さて、ここに誕生した1台の自転車。
誰が見ても世界で1台のオーラを放ちます。
盆栽自転車店ではこういったスペヒャルなオーダーも可能です。









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-03-19 12:00 | 盆栽屋仕事録
<< ジェントルマンを目指す男 BROOKLYNサイクリングキ... >>