BROOKLYNサイクリングキャップのちょっとしたハナシ

クラシックスタイル。
レプリカント。
Apisのサイクルキャップのなかでも人気のモデルは〝BROOKLYN〟。
BROOKLYNといえば、アメリカはニューヨークにある行政区のひとつ。
そんな地名がはいって。
ある意味はお土産的なデザインがこのキャップの特徴であるわけですが。
c0093101_1375364.jpg
実在していたチームのれっきとしたレプリカントモデルなのです。
其の名も、BROOKLYN CYCLING TEAM。
アメリカのチームかと思いきや。
どうやらイタリーのチーム。
c0093101_1375496.jpg
其れも其のはず。
BROOKLYN Chewing Gumというイタリアのガムが冠スポンサーなのですから。
そこにリスペクトを見つけました。
c0093101_137525.jpg
c0093101_1375120.jpg
さて、このBROOKLYNチーム。
70年代のロードレースシーンを沸かせました。
エースはロジャー・ド・ブラマンク。
シクロクロスでは世界チャンピオンになっているクラシックレーサー。
パリ・ルーベの最多勝記録(4勝)を持つ選手です。
当時はメルクスのライバルでした。
メルクスとは違う雰囲気のダンディズムを漂わせる男前な選手です。
c0093101_1375291.jpg
レース会場にトレンチコートで現れたブラマンク。
ヒーイズファッションサイクリスト?
当時は今ほどスポーツウェアーが発達していなかったということも時代背景としてあるのでしょうけれど。
c0093101_1375479.jpg
単なるデザインモノとして終わらない。
歴史があることがレプリカキャップの魅力とも言えるでしょう。
c0093101_137532.jpg
ブラマンクが主人公として描かれているパリ・ルーベのドキュメント映画が今も見る事が出来ます。
タイトルは〝A Sunday in Hell〟。
興味のある方は探して観てみてください。
このBROOKLYNのサイクリングキャップをかぶっているプロ選手たちが実際に走っている姿を目撃する事ができるでしょう。
そんなBROOKLYNのサイクリングキャップは盆栽自転車店にて絶賛販売中の逸品。
お値段は、1,o5o円。
カラーバリエーションとしてピンク色もございます。














こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-03-17 12:00 | 逸品御紹介
<< デザイン・塗装・組み替えのご依... 敵に塩を贈る男 >>