ブレーキシューといえば

ブレーキシュー。
ロードバイクのブレーキ方式が、いまだにリムブレーキのため、このゴムの塊の善し悪しがサイクリストの気持ちの一喜一憂を左右します。
もちろん、ブレーキという制動に携わる部分ですので安全性能にも直結します。
ブレーキ性能はブレーキシューのみでは語ることができない面もありますが、ブレーキシューが担う部分は大きいと言えます。
とくにカーボンリムが登場してからというもの、このブレーキシューという分野は一気に種類が増えました。
今では様々なブランドから色々なブレーキシューが発売されています。
まさに、色も色々であるならば、効き加減も色々。

そんななか、ホィールメーカー各社から推奨のブレーキシューとされ、さらにお値段も最高級のSwissStopから新たに登場したブレーキシューがBlack Prince。
何かの都合でシマノ用のシューしか国内に入荷していないので、その性能を試す事が出来なかった盆栽屋。
さいきん、シマノ対応のブレーキ(SRAM)が付いた自転車を所有することになったのでさっそく使用してみました。
e0154650_1814514.jpg
マニュアルに眼を通すと、今までにあったYellow Kingよりもブレーキ摩擦熱を低く、雨天時での制動能力も向上しているとか。
さらに書いてあったのは、ブレーキを握り込むほどに効くようになっているという点。
ブレーキの効き具合では抜群に高いと感じていたYellow Kingでしたが、ブレーキのかけはじめからガッツンと効く感じが好みではなく、主に使用することはありませんでした。
実際にBlack Princeを使用して走ってみたところ、たしかにブレーキレバーを握るほどに制動力が上がります。
タッチが自然でとても好印象です。
しかも、よく効きます。
これでリムの温度の上昇も抑えられているのなら、リムへのダメージの心配も少なく済むというもの。
Yellow Kingでよく言われていたリムが黄色くなってしまうこともありません。
はやくカンパ用のシューが入荷してほしいところです。
他のブレーキシューと比較すると高価ですが、これはオススメです。
e0154650_18135557.jpg
e0154650_1814778.jpg
盆栽自転車店では、Campagnoloやシマノをはじめ。
SwissStopにコリマやENVEの純正シュー、さらにはコストパフォーマンスに優れるBBBまでブレーキシューを多数揃えています。
減ったシューや経年劣化したシューは、ブレーキの制動性能が劣りますし、リムにもダメージを与えやすいです。
ブレーキシューを交換する際には、今度は違うのも試してみようというのも、自転車の楽しみ方のひとつとしてオススメです。








こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-01-05 12:00 | 逸品御紹介
<< 折れる男 盆栽イベント情報 1月 >>