BONSAI x ENVE 盆栽屋の場合

BONSAI x ENVEを組み上げさせていただきました。

盆栽屋ENVEは、SMART SYSTEM 6,7の7。
そうです。
後輪のみでございます。

なぜに後輪だけかと申しますと…。
e0154650_18252218.jpg
あれは忘れもしない、とある初夏の日。
群馬でのJCRCのレースでした。
下の画像は壊れてしまった後輪の最後の勇姿をとらえたもの。
このあとに落車したようで、後輪がペシャッとなってしまいました。
壊してしまった事は忘れもしないと言ってしまうものの。
アタマを打って転んだ記憶はまったく残っていませんので、どうやって壊してしまったのかは覚えていません。
落車とは恐ろしいものです。
e0154650_18252447.jpg
さて。
リムとスポークを失い。
残されたのはハブのみ。
作業台にずっと。
寂しそうに展示されていたのでご記憶の方もいらっしゃるかと思います。
Campagnoloの完組ホィールのニュートロンウルトラのものです。
ハブだけで入手するということはもちろん不可能でして。
ホィールを購入して、まるで大トロのみを取り出すかのごとく解体調理しなければならない(フォアグラの方がニュアンスが近いか)という、フツーはそんなことはしない酔狂なモノなのです。
これを使わないなんて。
勿体ナイ。
リスペクトがない。
e0154650_18252923.jpg
というわけで、後輪を復活させるべく選んだリムはSMART ENVE。
リムハイトは6,7の後輪である70mmを使用することに。
SMART ENVEは前後専用の設計なのですが、前輪は20Hのスポーク数しかラインナップにないのでセットでの使用は諦めて、後輪のみということにしました。
ハブのほうがSMART ENVEに合わせた設計になっていないため、70mmのリムハイトはスポークの配置的にかなりギリギリの線だと思うのですが、実現すれば短いスポークで軽量に硬く組む事ができるはず。
e0154650_18253553.jpg
そして、年末にリムが到着して組み上げたのがコチラ。
ご覧頂きましたら一目瞭然。
Campagnoloの完組ホィールでみられるG3のスポークパターンでございます。
後輪を組んでいていつも思うのが後輪左側のスポークテンションが右側に比べて低い事。
これは後輪の右側にはカセットフリーが付いてオフセットされている都合上、仕方のないことですが、専用設計が可能な完組ホィールでは左右のスポークテンションの均衡化を図るために様々な手法がとられています。
そこで、盆栽屋も試しにやってみることにしてみました。
e0154650_18254693.jpg
気になるのがスポーク数。
今回のBONSAI x ENVEは後輪で18本しかスポークがないけれど大丈夫なのでしょうか?
そこで、CampagnoloのBORA ULTRAを確認すると50mmハイトで21本。
右側に14本、左側に7本の配置です。
これは通常通りに左右同じスポーク数を配置すると28本のホィールということになります。
e0154650_18254386.jpg
さらに、BORA ULTRA 80を確認すると80mmハイトで18本。
80のほうがスポーク数が少なくなっていることがわかります。
右側に12本、左側に6本の配置です。
これは80mmハイトになったことでリムの強度が増してスポーク数を減らす事ができたということが考えられます。
SMART ENVEでも8,9という、80mmと90mmの前後セットはフロントが18本、リアが20本の組み合わせになります。
e0154650_18255070.jpg
歴史を振り返ってみると。
ストレートスポークを使った完組ホィールと呼ばれる完成品ホィールが登場したころのホィールはスポーク数が極端に少なかった。
CampagnoloのSHAMAL(初代)で後輪のスポーク数は12本。
シマノでも前後とも16本のスポーク数の車輪がラインナップされていました。
これはハブに固定するスポークの首の部分が曲がっていないストレートスポークは、通常のスポークに比べて強度が2~3倍と言われていたのと、当時のリムがエアロ形状のアルミリムで重量はあったものの、強度は抜群にあったという点も考えられると思います。
e0154650_18255326.jpg
e0154650_18263088.jpg
今回の盆栽屋のBONSAI x ENVEは後輪が18本のスポーク。
左右均等に配置されているのではなく、右側は12本、左側は6本という2:1の配置なのと、70mmのリムハイトなので問題ナシと結論を出しました。
スポークが6本少なくなったぶん軽量化に繋がりましたし(26g)。
ハブの影響で張り出して配置されることになる左側のスポークが減ったので空力的にもメリットがあると思います。
もちろん、使わないスポーク穴は開けたままではなく、カッティングシートで塞いでいます。
e0154650_18263350.jpg
e0154650_18263558.jpg
そんなわけで、いつものようにリムのデカールを貼り変えたBONSAI x ENVE。
盆栽自転車店に独りぽっちでずっと置き去りだった前輪もこの機会に後輪に合わせてデカールチェンジ。
今回のカラーはダブグレイメタリックに蛍光イエローの2色使い。
このホィールセットはSTEALTH BONSAI専用。
決戦用のチューブラーというコンセプトで組み上げました。
SMART ENVEは重量があるのですが、走ってみて上りの調子が良ければツール・ド・オキナワでも使ってみたいホィールです。
e0154650_18263879.jpg

BONSAI x ENVE 65,7
■スペック
前輪
リム:ENVE Classic 65 16H TU
ハブ:Campagnolo ZONDA(大トロ)
スポーク:SAPIM CX-RAY Straight

後輪
リム:ENVE SMART SYSTEM 70 24H TU
ハブ:Campagnolo NEWTRON ULTRA(大トロ)
スポーク:SAPIM CX-RAY Straight

クイック:ENVE TITANIUM
タイヤ:SCHWALVE ULTREMO HT 22C
スプロケット:Campagnolo RECORD 12-25

e0154650_1826411.jpg
2012年も本日30日で最後の営業になりました。
こうして年を越す事ができるのも、日頃から盆栽自転車店をご利用してくださるカスタマーの皆様のおかげです。
ありがとうございます。
2013年もみなさまのサイクルライフのお手伝いをさせていただき、楽しみへの最短距離をご提案できれば幸いです。
年末年始のライディングでは事故やケガにはくれぐれもお気をつけ下さい。
盆栽自転車店は年始は4日から営業です。
これからもよろしくお願いいたします。







こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日

年内は30日(日曜日)まで営業
年明けは4日から(金曜日)から営業いたします

[PR]
by bonsai-astn | 2012-12-30 21:00 | BONSAI x ENVE
<< あけましておめでとうございます 走り納めのあとは >>