電気にビリビリする男

本日の盆栽ラン。
仲良しチームのCCCから刺客が3名のご参加。
さらに盆栽人のみなさまも普段よりも多めの5人ということで。
久々に集団走行らしいことができました。
ご参加のみなさまありがとうございました。

さて。
今日は忘れられない出来事がもうひとつ。
個人的なことかもしれませんが。
EPSに電装化をしたステルス盆栽の走り初めでもありました。











カンパニョーロが満を持して発売する電動コンポーネント〝EPS〟。
運良く、メーカーのセミナーの前に試乗車に乗らせていただく機会があったのですが。
そのときは特別な印象が残らなかったというのが正直なところでした…。
しかし、ポジションバッチリ、セッティングバッチリの自分の乗り馴れたフレームに組み込み、5時間も走れば、また違う印象になるものです。
乗った瞬間にコンポーネントを変えただけだというのに、違う自転車に股がっているような錯覚に陥ります。
それもそのはず。
シフトワイヤーが無い影響でハンドリングが異様な軽さです。
変速をせずともすで襲いかかってくるEPSの性能。
この点はシマノの電動も同じですが。
e0154650_1885831.jpg
デカイデカイと言われるパワーユニットもこのとおり。
逆さに付ければチェーンリングに隠れてスッキリします。
もちろん、専用フレームでない場合は穴を空ける加工が必要なわけですが…。


今回あらためて感じたストレスの少ない電動メカ特有の変速性能はもちろんのこと。
カンパニョーロ特有の多段変速も様々な場面で使えます。
どれくらいの枚数を変速したのかは慣れが必要ですが、使いこなせば新たな武器になるでしょう。
また、ブレーキングをしながらシフトチェンジが出来るところも機械式では出来なかったところ。
機械式よりも確実に変速操作がラクで、そのぶんライディングに余裕ができます。


まだまだ慣れない操作感も多かったものの、おおむね良好な使用感でした。
電動メカを使うと機械式には戻れないというのがよくわかりました。
盆栽自転車店ではEPSを組み付けたステルス盆栽号を展示していますのでお気軽にご覧ください。
もちろん、デモンストレーション的に動かしてみることも可能ですよ。
そのときは一度お声かけをお願いいたします。





こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 9時〜21時 9時〜16時カフェ営業 12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2012-03-11 09:00 | TEAM BONSAI活動記録
<< 格安にて販売させていただきます BONSAI x ENVE カ... >>