Tim氏が来てくれることもある

夕方前。
昼下がり。
静かな住宅地に隠れるようにある盆栽自転車店。
オモテがなにやら騒がしい。
しかし、覗き見るような真似はしない。
事前のお電話で知っていた。
Tim氏ご一行様がお越しになる事を。
この盆栽自転車店にお越し下さるという事を。
知っていたから。

REDBULL契約アスリートしか着用を許されないパーカー?を着てあらわれたTim氏。
ずっとWeb画面上でばかり見ていたようなヒトが目の前に居るという事実。
もとい、昨日挨拶をさせていただいていた。
そのこともしっかり覚えていてくださっていたナイスガイTim氏。
何度握手しても彼の手の分厚さに驚かされる。
シクロクロスのアメリカ選手権を何度も制し。
アメリカのシクロクロスシーンの中心であるといても過言ではないベテラン選手。
REDBULLのヘルメットを独りだけかぶっているのはもちろんのこと。
他の選手とはまったく違ったオーラを放つTim氏は歌舞伎者です。
男はこうでなくてはいけません。
ファッションサイクリストのお手本といったほうが早いでしょうか。
つまりリスペクトがあります。
e0154650_2241053.jpg
サイン用に用意をしていたREDBULL仕様のLAZERのGenesisヘルメットを差し出すと。
快くサインしてくださったTim氏。
Thank you.
Vary much.
まさにリスペクトがあります。
e0154650_2241367.jpg
思えば、セルフデザインばかりでカスタムをしていた頃に。
なにかを真似て、そのまま作ってみるというのはどうだろうと。
腕試しとして作ってみたのがREDBULL仕様のLAZER Genesis。
本物が目の前に無いなかでの作業は困難を極めましたが、とても楽しい時間でした。
おかげでヘルメットカスタムの技量も向上したと思います。
REDBULL仕様のヘルメットはあくまでわたしの個人楽しみ用ですのでカスタムのご依頼は承っておりません
他のデザインは可能ですのでご相談ください。
e0154650_2241383.jpg

e0154650_2241999.jpg
来シーズンのシクロクロス世界選手権はTim氏の地元であるUSAで開催されます。
ベルギー勢は強いけれど、なんとか打ち負かしたいとTim氏は抱負を語ってくれました。
まだ1年先のことですが開催日までしっかりアタマに入っていましたよ。
さすがはプロ。
リスペクトがあります。

今回の盆栽自転車店来訪の一件は、同行のChandler Delinks氏のブログでも公開されると思いますのでお楽しみに。






こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 9時〜21時 9時〜16時カフェ営業 12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2012-02-13 21:00 | いつもありがとう
<< Independent Day GARMIN Edgeシリーズ... >>