展示会に行ってきました ダイナソア編

展示会に行ってきました。

ダイナソアさんといえばTIMEにCinelliにCampagnolo。
さらには、CARRERAにORBEAにSan Marcoと有名ブランドを多数揃える

とはいえ。
TIMEにぞっこんの盆栽屋としてはTIMEコーナーに直行。
例年、一番奥にあることが多いTIMEコーナー。
今年も一番奥にありました。
e0154650_20513612.jpg
新モデルはVRS Fruidity。
TIME自慢の振動吸収繊維のバイブレーザーを通常モデルの2倍に増やして、より上質な乗り心地を追求しています。
主にロングディスタンス系か。
快適巡航クルーザー的な。
e0154650_2051362.jpg
シートチューブが丸パイプ。
ヘッドチューブ寸法が長めですので、ハンドルポジションが高くしたい方向きのフレームです。
e0154650_20513552.jpg
NXR instinctもDi2モデルをオーダーできるようになりました。
アルテグラDi2バージョンもオーダー可能です。
e0154650_20513915.jpg
TIMEのフレームはオススメです。
選んで損なし。
一度乗ったらやめられない。
他に行っても戻るのよ。
そういうわたしもそのひとり。
乗り続けるひとが多いことがTIMEフレームの良さを証明していると思います。



e0154650_21275642.jpg
いまや、ファッションサイクリストブランドとして欠かす事ができないCinelli。
歴史あるブランドだけに復刻もしてきます。
LAZER。
価格や納期は未定とのこと。
雰囲気はありますが、形状はオリジナルとまったく違うホリゾンタルになっているので、ナンならロードモデルがあってもよかったのではと思ってみたり。
e0154650_21302392.jpg
そんなCinelliはハンドルも復刻してきました。
クラシックなパーツを探していた方には朗報。
もうコレしか無い?
ハンドルだけでは無くすテムもありますのでバッチリコーディネートできます。
e0154650_2130231.jpg
Cinelliはバーテープもイカしています。
マルチカラーがブラックテープの穴から見えるカレイドカラー。
なんというバーテープでしょうか。
e0154650_2133971.jpg
さらにはマイクジャイアント氏のモデルにレッドカラーが加わりました。
意外とどんな自転車にも合う柄だと思いますよ。
e0154650_21331224.jpg
さらにステム一体型のRAM3が登場。
RAM2は無くなってしまうのかと思いきや継続です。
RAM3は従来のVRCではなくアナトミックでもない最近多いシャロードロップ形状です。
e0154650_2138857.jpg
ハンドルに一体型になったサイクルコンピューターマウントも特徴ですが。
まるでかつてCinelliにあったスピナッチバーを彷彿とさせます。
アシストバーとしても使えない事はなさそうな形状ではあります。
e0154650_2138851.jpg




チューブレスならHutchinson。
フュージョン3の性能は他を圧倒していると思います。
チューブレス対応のホィールにはコレを装着しないでナニを選ぶ?というくらいにオススメです。
e0154650_21463834.jpg
新色のアイボリーが追加されました。




ニューモデルだったエラクルに廉価版のエラクルTSが追加されました。
e0154650_21544741.jpg
シマノDi2内蔵でもワイヤーコンポでも組む事ができるフレームです。
e0154650_2154487.jpg
CARRERAのフレームでは価格破壊が進んでいました。
e0154650_215448100.jpg
ニトロSL フレームセットの定価が136,500円
ニトロになると、定価105,000円です。
試乗ができましたが、非常に良く走ってくれます。
値段以上の性能です。
レースや日常の使用からガンガン使う方にオススメのブランドです。

そして、2012年のCARRERAはほぼすべてのフレームにALL BLACKのカラーが追加されています。
他のブランドでも見られるフレームのステルス化が進んでします。
e0154650_21571941.jpg
e0154650_21572095.jpg
e0154650_21572054.jpg


モデルによっては早期割引が可能ですのでご相談ください。
ご予約お待ちしております。
[PR]
by bonsai-astn | 2011-10-17 12:00 | 展示会に行ってきました
<< 盆栽新着情報 Fizikシューズ試着会を開催... >>