もしも…Independent Fabricationに乗るなら、盆栽屋の場合

もしも…。
IF。
Independent Fabrication。
自分の自転車にするのであるならば。
さて。
どうしようか。
盆栽屋の新しいアイエフはシクロクロス。
じつにアイエフ4本目。
そこにリスペクトがある。
e0154650_16244981.png
そういうわけで、はじまりました。
Independent Fabricationと盆栽自転車店は新しいフェーズに突入したのです。
直接取引ができるようになりました。
そこで直ぐにわたしはフレームをオーダー。
ちょうど今までレースで使っていたピンクのアイエフは5シーズン。
消耗も少なからず見えて来たところで新しい機材をオーダーする必要がありました。
e0154650_16232739.jpg
夢の2台体制か?
まったくのコピーではツマラナイので新機軸としてスルーアクスルを導入しました。
そして、フロントはシングル仕様に。
素晴らしくクリーンなフレームに。
これでディスブレーキ仕様のシクロクロスフレームとして一気に先端の装備になったのではないでしょうか。
フレームをオーダーする際にコンポーネントが決まっていると、それ専用のフレームの造りになるので、より専用性の高いフレームを作ることが出来ます。
e0154650_16221423.jpg
カラーは見本に無いスペヒャル。
Key Lime Crystallanceというカラー。
アイエフがいつだったかの展示会で発表していたカラーです。
とてもメタリック粒子感のある蛍光イエロー&ライムグリーンという具合。
アップチャージになりますが、とても満足感のある良い色です。
きっとシクロクロスの冬景色のなかで、かなり映えるのではないかと思います。
e0154650_16215094.jpg
昨年1月末にサインして、フレームが来たのは8月の末。
途中でいろいろとトラブルもあったのですが、ちょっと時間かかりました。
通常のロードフレームであれば3か月もあればフレームが完成してきますが、今回はシクロクロスというフレームで、スルーアクスル仕様だったりしたので余計に納期がかかってしまったのかもしれません。
e0154650_16221150.jpg
特徴的なエンド部分。
スルーアクスルなので穴が個性的。
そしてキレイに塗装されています。
左側には補強のパイプが入り、Rメカが付くエンドはアルミ製のリプレースになりました。
e0154650_17011207.jpg
レバーは諸事情によりREDに。
非常にマニアックなハナシですが、通常では左レバーのブレーキのみの設定はありません。
e0154650_16220671.jpg
今回はENVEステムもアイエフで塗装してもらいました。
ENVEのロゴはわたしのほうでデカールを貼りました。
塗装&デカールという組み合わせも盆栽自転車店。
もちろん、コストに潤沢な余裕がある場合はロゴも塗装にするとより一層完成度が増すでしょう。
e0154650_16220353.jpg
ChrisKingのR45であればシャフトを交換するだけでスルアクスル仕様になります。
ハブのクリーニングついでにこの作業も完了。
e0154650_16223408.jpg
■フレーム

Independent Fabrication Planet X Disc custom

■スペック

レバー:SRAM RED
Rメカ:SRAM RIVAL 1
クランク:ROTOR 3D30 PLUS
ブレーキ : SRAM RED
BB : Chris King

ヘッドパーツ:Chris King
ハンドル:DEDA Shallow
バーテープ:Cinelli
シートピラー:ENVE
サドル:Fizi;k Aliante
ペダル : TIME ATAC

ホイール:BONSAI x ENVE
ハブ:ChrisKing R45 Pink
リム:ENVE SMART SYSTEM 3.4 の4を前後使用
スポーク:DT AERO-LITE
タイヤ:FMB
e0154650_16215557.jpg
シーズンはいよいよ今週末から開幕。
自転車は完璧過ぎるくらいに仕上がりました。
e0154650_16215992.jpg








9月24日(日)はシクロクロスレース 茨城CX第一戦に参戦のため自転車営業はお休みとさせていただきます
カフェは通常通り営業します

こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.



[PR]
# by bonsai-astn | 2017-09-23 12:00 | Indyfab

盆栽新着情報 9・21

展示会で見てきたアランデルの新色が入荷してきました。
GREYです。
ほぼブラックですが、グレーです。
そのグレーな感じが良いです。
盆栽自転車店では創業当時から人気のサドルバッグのアランデル。
定番のカタチがどんな自転車にも似合います。
e0154650_20543323.jpg
チューブ2本をしっかり入れる事が出来るDUALと。
チューブ1本を収納できるUNOが入荷しています。
もちろん、コチラの商品は通信販売してますのでWeb Shopからでもお求めください。

Web Shop ☞ https://bonsaicycleworks.com/products/arundel-saddle-bags

e0154650_20543381.jpg
ENVEのボトルケージが入荷しました。
代理店の都合で入荷してこない時期があったレアモノなのですが。
このたび大量に入荷してきました。
このボトルケージはなんといってもその軽さが魅力的。
クールな外観もまさにENVE。
抜き挿しはやや渋めですが、そのぶんガッチリとボトルを保持します。
e0154650_20543339.jpg
コチラの商品は通信販売してますのでWeb Shopからでもお求めください。

Web Shop ☞ https://bonsaicycleworks.com/products/enve-bottle-cage










9月24日(日)はシクロクロスレース 茨城CX第一戦に参戦のため自転車営業はお休みとさせていただきます
カフェは通常通り営業します

こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.


[PR]
# by bonsai-astn | 2017-09-21 12:00 | 盆栽新着商品情報

6周年を越え、7年目に向けて

毎度お騒がせしてます。
もう過ぎてしまいました9月18日と言えば?
はい、マボロシのツール7連覇のランス・アームストロングと、盆栽自転車店の店主盆栽屋の誕生日ですね。
それでは、9月22日は?
そうです、そうです、盆栽自転車店の創業記念日になります。
今年の9月22日は
開業前にハードコアーに聞いていたところ、3年持てばナカナカというなかで、6年を経過。
これもひとえに盆栽自転車店でお買い物をしていただきましたカスタマーのみなさまのおかげでありますし、関係業者のみなさまのおかげでもあります。
そこで盆栽自転車店の経過した6年目を勝手に振り返りまして、7年目の展望をちょっとだけお話してみたいと思います。
e0154650_20001157.jpg
開店してからの6年間。
納車させていただきました自転車のなかでは、カーボンフレームなどのハイテクなロードフレームをはじめとしたロードレーサーもありますが、スチールやステンレスにチタン、そして最近ではアルミまで素材面において幅広く作業と販売をさせていただきました。
開店前の自分では、ここまで金属フレームの作業と販売をさせていただくことは想像できなかったわけですが、ロードバイクを取り巻く環境の変化や、カスタマーの趣向の変化、そして、わたし自身が今となっては金属フレームの自転車しか所有していませんし、そういういろいろが変化していった6年間でした
そんななかで、金属フレームでは、主にIndependent Fabricationと今では無くなってしまったCieloを数多く納車させていただきました。
e0154650_18280796.jpg
6年目になってVYNL Bikesと直接取引をはじめるようになりました。
お客さんからは見えないけれど確実に影響がある仕入れ。
そこでも変化が生まれました。
かつては靴下類を各ブランドから直接買い付けしていたわけですが、今ではフレームも取り扱いの範疇になってしまったわけです。
そして、7年目からはIndependent Fabricationとも直接取引するようになりまして、カスタマーのみなさんにIndependent Fabricationをより手にしていただきやすい環境ができました。
e0154650_17185060.jpg
IFとの直接取引がはじまった記念にわたしは新しいフレームをオーダーしました。
新しいシクロクロスフレームです。
前後スルーアクスルのディスクブレーキ仕様。
フラットマウントは敢えて避けましたが、最新のスペックになりました。
こういったディスクブレーキや油圧のシステムへの対応もシクロクロスを通して、比較的早い段階から取り入れてきました。
なにせ、これでIFのカスタムフレームは4台目。
個人的にトライ&エラーを重ねて来たことで、カスタマーのみなさんに最適なオススメとご提案ができると思います。
なにより常に自分で使ってみてカスタマーにご提案させていただくのが盆栽自転車店のスタイルです。
e0154650_17184416.jpg
こうして金属フレームばかり作業させていただくなかで、当店では販売していないお持ち込みの自転車も組み付けをさせていただく機会をいただき、SPEEDVAGENから、Roskoという珍しいフレームにInstagramではよく見るけど実際には見た事がなかったFireFlyまで、いろいろ作業をさせていただきました。
さいきん、ここまで多種の金属のロードフレームのお仕事をさせていただく自転車屋っていうのは珍しいのではないかと思います。
もちろん、自転車のフレームがフレーム屋さんで完了ではないように、自転車屋で組んでからこそパーツの性能を完全に引き出された状態のロードバイクになるのだと思います。
まるで農家とレストランのような関係性がそこにはありまして、いろいろクセのあるフレームだけの状態から、パーツを組み込んで行き、そのロードバイクの最適な状態になるように組み付けをさせていただくようにしています。
e0154650_21432124.jpg
重たい金属フレームに合わせるなら、軽量なカーボンホィールが理想的。
そして、フレームがアメリカンカスタムメードであればENVEがやはり似合います。
もう何もかもがENVEで逆に無個性化してしまうのではないかと思うところもあるのですが、ENVEはデカールカスタムを積極的に行う事で個性的な外観を作ることが可能です。
そんなことも盆栽自転車店では積極的にやってきました。
業界としては相変わらず完組ホィールが隆盛を極めていますが、盆栽自転車店ではナゼだか開店した頃から手組ホィールばかり販売する事になってました。
そして、ホィールを販売するたびにホィールを組むというのが当たり前になりまして、業界の潮流とはまさに逆行するようになってしまいました。
今ではホィールをお店で組まない(組めない)お店も増えてきているということを聞くなかで当店は珍しい状況になってしまったと思います。
それでも、手組の良さやホィールの作業はある程度永遠に残るものだと思います。
逆に手組が完全に無くなってしまってからが勝負なのかも?
ENVEの良さも含めてこれからも支持されている限りがんばっていこうと思います。
e0154650_21563674.jpg
レースではシクロクロスで日本中を駆け巡り。
今年もこれからシーズンが開幕。
これから日本中で数多くの仲間に会えるのが楽しみです。
スキンスーツのカラーリングも
ロードレースは魅力的に感じるイベントが正直あまりなくなってしまったのでどうしたものかと考えているのですが、来年はなにかのイベントに乗っかるのではなく、自主イベントを立ち上げて遠出をしてみようかと思います。
ロングライドです。
BONSAI GranTourと題して、普段は走らないところに数日かけて出かけてみようと思います。
相変わらずチーム員は数少ないですが、ただ外見だけが同じではない良い仲間ができました。
もちろん、いっしょに走ってくれるチーム員は随時募集中です。
e0154650_21450024.jpg
それでは、7年目もよろしくお願いいたします。











9月24日(日)はシクロクロスレース 茨城CX第一戦に参戦のため自転車営業はお休みとさせていただきます
カフェは通常通り営業します


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-09-19 12:00 | いつもありがとう

高知からのカスタマーを迎え撃つ男

盆栽屋と高知県との素敵な黒潮交流がはじまったのはたしか今年の1月だったでしょうか。
高知のヤシィシクロクロスというローカルレースで大変お世話になったカスタマーS氏。
オーダーしてくださいましたIFが程なく完成。
お店に来てくださったみなさんは目撃していたでしょう。
このシルヴァーのIFを。
なにかと目立った。
なんか気になった。
けっこう女性に人気だった。
これはカスタマーS氏のIF。
高知から納車にお越しになるまで展示させてもらってました。
そして、納車の際はライドもしましょうと。
約束していたんです。
ライドをすることでフォームチェックにポジションチェックができますし、なんとなくでも乗り方がわかりますから、完全に遊びじゃないのヨ、真剣に働く盆栽屋。
前日の夜には飲み会という名の意見交換会も済ませて準備は万端。
e0154650_20133579.jpg
もちろん、自転車のほうは仕上がりまくって大変というぐらいに準備万端。
カスタムというカスタムを施しに施された自転車はカスタマーS氏を待ちに待ち。
本日の朝にシェイクダウン&都心をクルーズィングしていただくという感動の船出を果たしました。
そこにリスペクトがある。
途中でパンクに遭いました。
まさか!
運が付いてるのか!
すぐに直して、川沿いクルーズィング。
街中を抜けて、着いたところはハードコアー。
盆栽屋がオススメさせていただいてますラーメンをご賞味いただきまして。
仕上にアイスクリームも頬張りまして。
仕上がりました。
まさにリスペクトがある。
e0154650_20133524.jpg
このリスペクト満点の自転車の詳細は後日お届けしましょう。











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-09-18 08:30 | TEAM BONSAI 活動記録

展示会に行ってきました シマノ-トライスポーツ-ゼータトレーディング-フタバ商店-カワシマサイクル編

展示会に行ってきました。

いつもいつも業界の展示会が集中開催してくれたらなー、なんて思ってたらついに来ました。
今回はなんと5社。
みなさんがまとまってくださったおかげで水曜日の使い方が有意義になるというものです。
いやーありがたい。

さて、一発目は業界の雄、巨人、リーダー、シマノさん。
アルテグラの展示会は以前やったから今回はなにか飾るものあんのかな?と思ったら目玉はe-bikeということで。
e0154650_20283153.jpg
主にMTB規格のe-bikeですが。
これからもしかするとひろがってくるのかもしれません。
自力で走る、走破するのが自転車のスポーツとしての魅力ではありますが。
登りをラクにアシストしてくれるe-bikeであれば、とくに下りを楽しむMTBにとってはありがたいというわけで。
e0154650_20282334.jpg
e0154650_20283510.jpg
さて、盆栽屋の展示会はサクサク行きます。
要点を確認したら直ぐ移動です。
とくにこんなに集中する日はそういう段取りが重要です。
会場に居るよりは移動のほうが長い。
シマノさんの会場から品川駅を横断した西口にあるビルの一室で開催されてましたトライスポーツさんの展示会。
トライスポーツさんが展示会をしてくれるなんて珍しい。
かつてはそんなことありませんでした。
e0154650_20291498.jpg
ありましたよ。
まさにトライスポーツ的なパーツ。
っていうか、このステムどこかで見た事あったなぁ、、、
こんな珍しいパーツを知り合いが使ってるって珍しい。
展示品をまじまじと見ると、持って軽いのはもちろんですが、中身の部分が薄い、、、、
e0154650_20292166.jpg
お値段もギョっとする感じで。
まさに泣く子も黙るとはこのことでしょうか。
最狂ステムです。
e0154650_20291747.jpg
こういうローギアだけ交換っていいですね。
なかなかアリだと思いました。
e0154650_20292527.jpg
カンパ用のバーナーもいまやケージのみの販売があります。
ちょっと遅かったかなー。
もうちょっと早かったらなぁ。
e0154650_20293799.jpg
さて、品川駅から田町まで徒歩移動して着きましたのはゼータトレーディングさん。
実は山手線で一番駅間が長いんですよね、一駅だけだから歩いちゃえって思惑が甘かった。
タクシー使えばきっとツーメーターくらいで済んだろうに。
この経験は次回に。
とりあえず、ゼータトレーディングさんの展示会ではアランデルのサドルバッグの新色を確認。
グレーです。
コチラは近日入荷予定に付。
e0154650_20294478.jpg
ゼータさんらしいオモシロアイテムもありました。
ベル付きのガーミンマウント。
現状では最もスマートなベルと言えるのではないでしょうか?
ベルを鳴らすための手の動きがちょっと微妙か。
e0154650_20300120.jpg
同じビルの違うフロアではフタバ商店さんが。
最新のBMCフレームを眺めます。
こうして取り扱いの無いフレームをまじまじと眺めることができるのも展示会の魅力のひとつ。
最先端はこうなってるのねー、的な。
コラムの形状もこんな感じで。
すでに丸断面ではなくなってしまっています。
e0154650_20301463.jpg
フタバ商店さんの展示会では画像にはおさめませんでしたけど、なかなかおもしろ小物を見つけました。
これは年内発売予定だそうなので発売次第仕入れますのでお楽しみにどうぞ。
e0154650_20301678.jpg
残すところはカワシマサイクルさん。
カワシマさんといえばフィジーク!
なんと穴開きサドル登場。
そういや無かったな、というわけで衝撃のデビューです。
他は黒ばっかりのくせに、この穴開きは気合いが違うのか、白と黒のラインナップがございます。
あー、白さドル復活してほしいですよね。
e0154650_20303326.jpg
いままでフィジークの穴開きサドルポジションを担ってきたバーサスは、完全に左右に別れまして、モーセか、一休さんのようなサドルになりました。
真ん中にクッションがないベースのみの構造のため、しなりが凄いのではないかと予想します。
e0154650_20303666.jpg
こんな謎のハンドルも某社より。
この短い距離を内装して一体どうなるというのか。
出ては消えていく、そういうパーツの誕生の瞬間に早い段階で立ち会えるのも展示会の魅力です。
e0154650_20305365.jpg
ピナレロのパーツブランドのモストに良いボトル型の工具入れありました。
こういう脇役は脇役らしく。
主張しないのが一番いいですよね、まじで。
そこにリスペクトがあります。
e0154650_20305897.jpg







こころにはいつも自転車とリスペクト<br>盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE<br>08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/

.


[PR]
# by bonsai-astn | 2017-09-14 12:00 | 展示会に行ってきました

盆栽新着情報 9・10

eTAPのスペアパーツあります。
スペアバッテリーはいかがでしょうか?
ライドの朝に家から出るときにバッテリーが少ない!ってことありませんか?
そんなとき充電済みのスペアバッテリーがあれば即解決。
すぐ交換が出来ちゃうのもeTAPならではの機能です。
e0154650_13415162.jpg
レバーのブラケットフードもあります。
ブラケットフードはメカニカルの新旧レバー用も在庫しています。
e0154650_13415145.jpg
さて、ここで別件。
作業場のカスタマー用椅子を更新したので、以前まで使っていた椅子が余ってしまいました。
どなたか欲しいという方はいらっしゃいませんでしょうか?
高さ66cmのカウンタースツールです。
ウッド製のアンティーク。
配送はできません。
お持ち帰りしていただける場合のみということでお願いいたします。
早い者勝ちの1セットになります。
お値段は、ペアで15,ooo円でお願いします。
e0154650_16000207.jpg









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.

[PR]
# by bonsai-astn | 2017-09-10 12:00 | 盆栽新着商品情報

月に1回はグルメライドをやってます

以前はしょっちゅう走っていた懐かしのルート。
今走っても、もちろん良い。
だけど、ちょっと流れが悪いかな、なーんて。
いろいろ考えさせられます。
さて、たどりついたうなぎ屋さんは今や定番になったお店。
今年の夏はうなぎを食べる機会がなかったのでこの秋の入りたてて食べられて良かったです。
もちろん、美味い。
リスペクトがあります。
e0154650_16582588.jpg
e0154650_16582666.jpg







こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.


[PR]
# by bonsai-astn | 2017-09-10 08:30 | 盆栽イベント情報

癒しライドというライドイベントをやってます

夏期休暇から明けた癒しライド。
盆栽屋の新規開拓ルートによる都心をザックリ斬るかのようなルート。
快速に抜けられるわけなんですが、気持ちイイルートは癒されるということで癒し効果もバツグンでございました。
さて、お店の方もさいきんは昭和のコンセプトに寄り過ぎていたということで切り換えて新規開拓をさせていただきますと。
ファンシー路線なパン屋さん。
あら不思議。
店内は女性客ばかりの人気店ではありませんか。
カウンター越しにオーダーするスタイルはもはや新定番といわずどこでも見られる風景として定着か。
お味もファンシーで。
やはり自転車圏外でもいろいろなお店に伺うとお勉強をさせていただけるという具合で癒されます。
e0154650_18230610.jpg







こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.


[PR]
# by bonsai-astn | 2017-09-09 09:00 | 盆栽イベント情報

Cielo Road Racer Discを納車させていただきました

Cieloのロードレーサーディスクを納車させていただきました。

俗に言うディスクロード。
ディスクブレーキのロードバイク。
最新のロードバイクの規格ですが、クラシカルな雰囲気があるCieloにもそんなフレームがございます。
e0154650_18410376.jpg
オーダーして完成間近というところで仕様変更の連絡がありました。
マジかよ!?ってわけですが。
クイックリリースからスルーアクスル仕様になり、ブレーキのキャリパーはフラットマウントに。
そして、フォークはコロンバスに。
2017年モデルはこの最新スペックでいきますということで、フォーク以外は正常進化で印象が良いかなというところだったわけですが、フレームが到着したあたりでまさかこんなことになってしまうなんて。
e0154650_20573716.jpg
まさかこのタイミングでブランドが終了になるとは。
しかも、当店で販売、組付させていただくCieloフレームはこのフレームが最後になってしまいそう。
そんなタイミングでオーダーしていただきましたI氏のフレームはカラーマッチングが施されたオリジナルステムも合わせて。
さらには、ヘッド、BB、スペーサーからハブに至るまでChrisKingを使用しましたまさに完全体とも言える仕様です。
最後のフレームがこういったオーダーでいただいて感無量と言いますか、実にありがたいです。
e0154650_21212264.jpg
組み上がった自転車はすべてのカラーが統一感を発揮。
CieloのSKYというカラーなんですが、青とも言えない、ミドリでもない、グレーも違う。
室内で見るのと、野外で見える表情が違ってきますし、晴れでも違えば、曇り空でもまた違う。
まさにSKYの元でいろいろお楽しみいただけるカラーリングなんです。
そして、ある意味では優しい色合いなのに、パーツは戦闘的なモノが付いているのもミスマッチの妙として味わい深い一台になっています。
e0154650_20583107.jpg
■フレーム

Cielo Road Racer Disc

■スペック

レバー:SRAM RED22
Fメカ:SRAM RED22
Rメカ:SRAM RED22
クランク:SRAM RED 22 BB30
ブレーキ:SRAM RED

ハンドル:ENVE Compact
ステム:Cielo
バーテープ:Fizik 2mm Tackey
サドル:Fizi;k Antares Versus
ペダル:TIME Expresso 10

ホイール:BONSAI x ENVE
タイヤ:Huchinson Fusion 700x28
e0154650_20575253.jpg
Cieloというブランドはとりあえず生産終了になってしまって、もう新車をオーダーすることが不可能になってしまいました。
けれど、各々の自転車を愛するCieloを愛するオーナーの元で長生きし続けてくれると思います。
そこにリスペクトがある。








こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.



[PR]
# by bonsai-astn | 2017-09-08 12:00 | Cielo

BONSAI x ENVE カスタマーI氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーI氏のENVEは4.5ARという、ディスクブレーキ仕様のリム。
ディスクブレーキ用のホィールってまだまだリムはリムブレーキモデルの使い回しということが少なくないわけですが、さすがにENVEは違います。
しかも、この4.5ARはスペヒャルな仕様なのです。
そこにリスペクトがある。
e0154650_18405690.jpg
■リム:ENVE SES4.5AR
■ハブ:ChrisKing R45 Disc Red
■スポーク:SAPIM CX-RAY Black

□組み方:フロント=左右クロス リア=左右クロス
□デカール:コッカトー

e0154650_18431569.jpg
4.5AR Discはオールロード仕様のコンセプト。
走る道を選ばないようにセッティングするタイヤも28Cのチューブレスレディのみという思い切った仕様です。
おかげで外周部は軽めに仕上がり、太いタイヤと太い背の高いリムのコンビネーションで究極のエアロ性能を誇ります。
まさにディスクロードはこういう走り方に向いてるなぁという仕様になっています。

e0154650_18405247.jpg
デカールはフレームと同じ色を。
まさにフルカスタマイズなBONSAI x ENVEホィールです。

このホィールを装備しますのはCieloのロードレーサーディスク。
同じ色のデカール、そしてリム幅いっぱいのデカールの大きさもまさにディスクブレーキ仕様。
スチールフレームなのに、なにか新しい、そしてある意味では戦闘的なスタイリングすら感じさせる自転車に仕上がりました。
e0154650_18410376.jpg
この自転車のさらなる詳細は続報にて。









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.

[PR]
# by bonsai-astn | 2017-09-07 12:00 | BONSAI x ENVE

盆栽新着情報 9・4

話題のタイヤです。
ピレリですよ、お客さん。
ピレリの自転車用帯やが誕生、そして入荷してきました。
イタリアのタイヤメーカーでモータースポーツ界ではなにかとリスペクトされてるピレリ。
高級外車のタイヤもピレリが純正で標準装備されているメーカーが少なくないとか。
そんなピレリが作った(OEM?)自転車用タイヤ。
もともとは自転車のタイヤもあったらしいですから、ミシュランみたいなブランドストーリーです。
はやく自分でも試してみたいところです。
e0154650_18414263.jpg
今回は3種類あるなかでの標準モデルが入荷してきました。
P-ZERO VELO 700x25C
まさに箱入り。
e0154650_18415373.jpg
ミシュランやコンチネンタルと違って硬い箱に入ってます。
中学生時分のわたしだったら確実に小物入れにしていたであろう箱。
開けるとゴムバンドに留まったタイヤが。
e0154650_18414645.jpg
他のタイヤですと、捨てるしかないバンドやゴムだったりするわけですが、このゴムバンドはなんとリストバンドですよ、コレ。
まさかの使用方法。
っていうか、ムカシありましたよね、ほっとけないバンドとか。
e0154650_18420221.jpg
ピレリタイヤはアジア製かと思いきや、おフランス製でした。
製造元は、、、?
なんとなく察しがつきそうですが、勘ぐりはこのへんで終了。
とにかくこのタイヤはピレリのテクノロジーを搭載した新しいコンセプトのロードバイク用クリンチャータイヤということなんです。
それはタイヤが路面に接するときの接地面積を通常走行時もコーナリング時もタイヤを変形させて同じようにするということなんです。
だからでしょうか、実際にタイヤをさわってみると凄くしなやか〜。
e0154650_18420525.jpg
さわってみた感じからでも走りの印象は良さそうです。
あとは実走してみての感じと、使い込んでみてのパンク耐性を見たいところです。
楽しみなタイヤが入って来ています。
業界に新風が吹きました。
e0154650_18420830.jpg










こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.

[PR]
# by bonsai-astn | 2017-09-04 12:00 | 盆栽新着商品情報

戻しそうになるところをまさに戻した男

集合地点には見慣れない顔。
久々の登場はテツーージ。
チーム員だけど、思わず「久々だな、どうしたの?」って言ってしまった。
チームではエースの地位にあるカレも。
仕事が夜勤シフトになって練習にはなかなか参加できないどころか、普段の自主練もおぼついていない。
今日も途中でボーっとしたりしないかちょっと心配だった。
そしたらどうでしょう。
はじめの軽い峠で遅れて、あーやっぱりね、ヤレヤレ、、なんて思ってたら続く坂でその隙を斬られる。
滅多斬り。
気持ち悪い。
走りながらちょっと戻しそうに。
その状態から踏ん張ってそこから戻す。
事無きを得た。
おかしいな。
そんなに暑くないのに。
きっとヘルメットのフィッティング微調整が上手くいってないから。
休憩地点で微調整しましたら、その後は快適になりました。
e0154650_18313491.jpg









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.

[PR]
# by bonsai-astn | 2017-09-03 08:30 | TEAM BONSAI 活動記録

PDX BONSAI SOCKS

The Athleticとのコラボレーションソックスが誕生しました。

PDXとは、ポートランド国際空港のこと。
この空港のカーペットのデザインを生み出してまさにソックス革命を起こしたThe Athleticとコラボレーションをするとなれば、この柄を指名しないわけにはいきません。
すでにPDXではこのカーペットが旧式であり、新しい柄のカーペットに張替えられているわけですが、この柄は永遠のクラシックとして人々のなかに生き続けると確信しています。

このソックスはThe Athleticが持つ定番の型に盆栽自転車店の定番カラーを落とし込んだ一足。
盆栽のサイも忘れてはならないアクセントになっています。

e0154650_15341335.jpg
e0154650_15343409.jpg
e0154650_15343043.jpg

ほかにもいろいろとソックスが入荷いたしました。
サイズはSML各サイズがございます。
コラボレーションソックス以外は数が少なめですのでお早めにお求めください。
e0154650_17393282.jpg
e0154650_17393296.jpg
e0154650_17385027.jpg
e0154650_17370114.jpg




こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.

[PR]
# by bonsai-astn | 2017-08-31 12:00 | 盆栽オリジナル商品

毎月最終日曜日はヤマノハデー

やってきましたヤマノハデー。
前夜に楽しく飲み過ぎたせいで日帰りができなかった盆栽屋。
参加が危ぶまれたヤマノハライドでしたけど、その日のうちに全部出したおかげで無事復活。
朝には時間通りに集合地点に。
今日は前回のリクエスト通りに江戸川界隈をうろつくことになりました。
e0154650_20103072.jpg
前回もそうだったんですけれど。
いっさい前に出ないでいい、付いていくだけのライドって、なにかココロここにあらずっていいますか、ときおりボーっとして危ないことがあったり。
そんなときに思い浮かんだ曲がコチラ。
ヤマノハさんの朝寝坊に何度か遭遇しているわたしとしてはある意味馴染み深い曲です。
県出身のアーチストといえば、やっぱりFolderですよね〜。


e0154650_20102590.jpg
ヤマノハ予定のスパイス美女が営むカレー屋さんは本日貸し切りにて不発。
さらに帰りに寄ろうかと思った甘味処は席から停めてる自転車が見えないため不安。
自転車ライドの立ち寄り処って難しいんですよねー、やっぱり自転車は安全に停めておけるところで。
というわけで手持ちの候補2発が不発になってしまいましたので、僭越ながらわたしがここはどうでしょう?と名前を挙げさせてもらいました。
あんこ好きの盆栽屋が通ってもう10年以上。
ほとんど持ち帰りで喫茶利用は5−6年ぶりでしたけれど、やっぱり美味いなここのあんこは。
こちらのあんこのようにヤマノハライドもグツグツと炊き込まれて美味しくなっていくことでしょう。







こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.




[PR]
# by bonsai-astn | 2017-08-27 09:00 | 盆栽イベント情報

ヒロナナカップに行く男

いつもお世話になってます。
そんな間柄のRaphaのヒロさんとナナミさんが結婚パーティーをするらしいということで。
せっかく野辺山に行くなら走って行くでしょ、というわけで行ってきました野辺山。
e0154650_19510647.jpg
まだ前半の大垂水峠を下っているところでわたしのサドルバッグは脱落、トラックに踏まれたのか袋は破れて無惨な姿になってしまいましたけど、まぁいいかとバックポケットに入れて淡々と走っていたら、登りで遅れたヤマノハがいつになっても来ません。
オカシイナー、また暑さにやられちゃったのかしら?
と思ったらワイヤーが切れたとか言うから、マジかよーって確認してみたらリアディレーラーはローギアに。
フツー、ワイヤー切れたらリアディレーラーはトップギアでしょ、と思ってリアディレーラーをまじまじと見るとリターンスプリング折れ…。
ステージ5の手がつけられない状態。
ただし、ローギアなのでトップ固定よりはマシでしょ?ってことでツーリングは継続することに。
e0154650_19510146.jpg
でも、ローギアクルクルはキツみたいで、笹子峠の頂上で差は決定的になってしまいまして。
あーこりゃ輪行か。
お車回収か。
なんて考えながら甲府盆地を流して野辺山への登りの手前で、車で来ていたナツキに回収してもらいました。
しかし、このタイミングで壊れなくてもいいのに、リアディレーラー。
盆栽屋が提唱するリアメカ5年寿命にまさに適合するこの一例。
これでわたしが知る限りでも3例目。
実は個人的に5年もリアメカ使ったことが無いので人様の実例しかないわけなんですが、比較的消耗度が高い方は5年以上のリアメカにご注意されると良いと思います。
通常のコンポーネントはメーカー保証はどこも2年です。

e0154650_19511564.jpg
すっかり遅れて途中参加になりましたヒロナナカップ。
いやー、こんな結婚パーティーが世の中にあるんだなぁと感心してしまいましたよ。
これも新郎新婦の日頃からの御人徳と、実行委員のみなさんの企画力と実行力のたまものと言えるのではないでしょうか。
まさにリスペクト。
結婚カーティー観が変わった楽しい一日でした。
末永くお幸せに〜
e0154650_19512002.jpg
e0154650_19511044.jpg









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.

[PR]
# by bonsai-astn | 2017-08-26 06:30 | TEAM BONSAI 活動記録

盆栽新着情報 8・22

ENVEのホィールバッグが再入荷しました。
シクロクロスのタイヤが付いたホィールも2本まるまる収納できるすぐれもの。
購入していただいたカスタマーのみなさまも「買ってヨカッタ!!」と言っていただいてます。
e0154650_16165782.jpg
SILCAのトルクレンチ付き携帯ツールが再入荷です。
コンパクトかつキレイに収納でき持ち運び便利。
なにより持っててうれしい工具好きをくすぐる「イイモノ」感のあるアイテムです。
意外といってはアレですが、先日の御紹介で一気に売り切れてしまったこのツール。
このたび再入荷しました。

くわしくは過去のブログをご参照ください ☞ http://boncycle.exblog.jp/25950643/
e0154650_13423614.jpg
そして、すぐに売り切れてしまったアイテムといえばコチラも。
携帯ポンプ。
見た目はなんの変わりもない携帯ポンプですが、使ってみるとよく空気が入る、そして入れやすい。
人気商品ですのでお早めにどうぞ。

くわしくは過去のブログをご参照ください ☞ http://boncycle.exblog.jp/25948139/
e0154650_13423978.jpg
すべてWeb Shopでもご購入可能です。
☞ WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 










8月26日(土曜日)は所用のため臨時休業とさせていただきます

こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.

[PR]
# by bonsai-astn | 2017-08-22 12:00 | 盆栽新着商品情報

盆栽新着情報 8・21

MAAPの限定ヘルメットが入荷しました。
e0154650_15574437.jpg
GIROのSYNTHE MIPSがベースのこのヘルメット。
マットネイビーカラーにMAAPのAquaカラーがアクセントになっているカラーコーディネート。
MAAPのウェアーはもちろんですが、なんでも似合ってしまう要素があります。
それはまさに限定品という趣き。
そこにリスペクトがあります。
e0154650_15570706.jpg
オマケにヘルメット袋が付いてくるのもウレシイですね。
通常のSYNTHEには付属してきません。
e0154650_15571382.jpg
盆栽自転車店にはMサイズが2個だけ入荷しています。
限定品の早い者勝ちになりますのでお早めにどうぞ。
e0154650_15572398.jpg
e0154650_15571670.jpg








こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-08-21 12:00 | 盆栽新着商品情報

TIME SCYLONを納車させていただきました

TIMEのSCYLONを納車させていただきました。
カラーは評判が良かったTIMEらしいホワイト&レッドのカラー。
シートポストは文句無しでトランスリンクを選ぶとして、フォークはAktivかノーマルかで迷うところ。
カスタマーI氏の選択はノーマル。
わたしも軽快な走りを実現するノーマルがオススメです。
e0154650_1953819.jpg
いまでは珍しくなってしまったかもしれないインテグラルシートポスト。
しかし、その一体感のおかげでとってもまとまって見えます。
ホワイト、レッド、ブラックという、ほんとうにTIMEらしいカラーリング。
eTAPのおかげでケーブル類もブレーキワイヤーだけになりますからスッキリ感が高いのです。
e0154650_17303762.jpg
ハンドルはENVEのエアロハンドルを。
ご覧の薄さ。
TIMEフレームのなかではエアロロードという立ち位置のフレームであるSCYLONですのでエアロパーツがもちろん似合います。
ホィールはBONSAIxENVEを。
リムは新型の3.4。
最高の空力性能に軽さと硬さのマッチング。
もう走りは完璧の鉄壁です。
e0154650_1730413.jpg
上質なクルージングからアクティブなライドまで。
自転車にお乗りのあいだはもちろん。
停車時にご覧いただいても美しい自転車。
この自転車と向き合う時間は最高の時間になるでしょう。
e0154650_17304887.jpg
e0154650_17304546.jpg
e0154650_1730508.jpg
■フレーム

TIME SCYLON

■スペック

レバー:SRAM eTAP
Fメカ:SRAM eTAP
Rメカ:SRAM eTAP
クランク:ROTOR 3D Plus
ブレーキ:SRAM RED

ハンドル:ENVE AERO
ステム:TIME
バーテープ:Fizik 2mm Tackey
サドル:Fizi;k Antares Carbon
ペダル:TIME Expresso 12

ホイール:BONSAIxENVE
タイヤ:Michelin POWER Endurance

e0154650_17515629.jpg
さて、
今回納車させていただいたSCYLONとまったく同じ仕様で、同じカラーのフレームが盆栽自転車店には在庫しています。
サイズはSサイズです。
カッコいいカラーリングの2017年モデルをお探しの方も少なくないのではないでしょうか?
残りはこの1本だけです。







こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-08-20 12:00 | TIME